いつ見ても自然と幸せな気持ちになる赤ちゃんや小さい子の顔

私がほんのちょっとだけ幸せを感じる時というのは町で赤ちゃんや幼稚園児などの顔を見た時です。
まず赤ちゃんの顔は起きている顔であっても寝顔であっても例外なく可愛いものです。
またその体つきも小さい手足と柔らかそうなプニプニ感は見ているだけでこちらまで幸せな気分にしてくれます。
赤ちゃんの姿でもう1つ可愛らしく感じるのはBCGの予防注射のあとである9つの点であります。
街を歩いていて赤ちゃんの姿を見かけると思わずずっと見入ってしまうほどの可愛らしさを感じます。
そしてこの赤ちゃんから少し大きくなった幼稚園児になると、少し体が大きくなってきてしゃべりだします。
赤ちゃんと違って顔の表情もしっかりしてきますし、しゃべる時の声も幼い子独特の高い声でこれまたものすごく可愛らしいです。
この幼稚園児も町で見かけると思わずずっと見入ってしまう可愛らしさがあります。
こういった赤ちゃんや幼稚園児などを見ていると本当にそれだけでこちらまで幸せな気持ちになってきます。
あまりに可愛らしいので赤ちゃんや幼稚園児にはキスしたくなるのですが、この気持ちを抑えることの方が私には大変です。
世の中にはこういった幼い命を平気で虐待するような親がいますが、私には全く理解ができないことです。
残念ながら私は独身者であり、まだ自分の子供がいないのですが他人の赤ちゃんや子供でもこんなに可愛いのなら自分の子供であればどれほど可愛いのかと今からとても楽しみになってきます。
あ~気晴らしに洗面台だけリフォーム(⇒洗面台だけ交換リフォームする)しよっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*