眠りというのは大事です。

私が比較的眠りが浅い方です。そのためぐっすりと眠ることができた朝というのはほんのちょっとだけ幸せを感じます。目覚めがよくて、頑張ろうと思えます。しかしいざ頑張ろうと思ってもあまりやる気にはならないのです。そのためほんのちょっとだけ幸せに感じるのは「ぐっすり眠ることができた朝の目覚め」のみです。朝からのご飯作りなどはどんだけ目覚めがよくてもテンションを挙げることはできません。大相撲のチケット(⇒大相撲チケットを手にいれる)を取れた日なんかは興奮して寝付けません。
ぐっすり眠ることができたらストレスが少し軽減をされたような感じがします。そして何よりも嬉しいのは体が軽く感じるところです。夜中に目覚めてしまうことも多々あります。最近ではとても暑いのでどうしても夜中に2回くらいは目が覚めてしまいます。夜中に目が覚めた朝というのは体がだるくて重たい感じがします。目が覚めていくとその感覚は減っていくのでそのときだけなのでそれほど大きな問題とは思っていません。
ぐっすり眠れるということは長時間の睡眠という意味ではありません。長時間眠ることができたからといって、ぐっすり深い眠りであったかと聞かれると「はい」とは答えることができません。そのときは体がスッキリということはありません。反対に睡眠時間が短くてもぐっすりと眠ることができるときもあります。そのときは体がスッキリとするような気持ちになります。
これらのことからぐっすり眠ることができるとほんのちょっとだけ幸せだなと感じます。朝起きたときの爽快感がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*